小児看護学分野業績

2017年1月1日

塩飽 仁:日本小児がん看護学会 副理事長

2016年12月21日

Nagoya Y, Miyashita M, Shiwaku H.:Pediatric Cancer Patients’ Important End-of-Life Issues, Including Quality of Life: A Survey of Pediatric Oncologists and Nurses in Japan.J Palliat Med. 2016 Dec 21. doi: 10.1089/jpm.2016.0242.

2016年12月17日

名古屋祐子,塩飽 仁,入江 亘:終末期小児がん患者とその家族のQOL代理評価尺度の開発と信頼性・妥当性の検証.第14回日本小児がん看護学会学術集会,東京,2016

2016年12月16日

後藤清香,塩飽 仁,鈴木祐子,菅原明子,井上由紀子:小児がん患児の復学支援における時期別の目的と目標に関する文献検討.第14回日本小児がん看護学会学術集会,東京,2016

2016年12月16日

塩飽 仁,剱持 瞳:看護口演6「思春期の患者への関わり」座長.第14回日本小児がん看護学会学術集会,東京,2016

2016年12月16日

入江 亘,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子:親の性別が小児がんの子供の親における心的外傷後成長に至るプロセスに及ぼす影響.第58回日本小児血液・がん学会学術集会,東京,2016

2016年12月16日

入江 亘,塩飽 仁,名古屋祐子:小児がんを経験した子供の親における人間的成長の特徴.第14回日本小児がん看護学会学術集会,東京,2016

2016年12月3日

塩飽 仁:平成28年度 第34回 看護研究発表会 講評.青森県看護協会三八支部,八戸地域地場産業振興センター(八戸市),2016

2016年11月24日

塩飽 仁:平成28年度福島県専任教員養成講習会「研究方法」.福島県,郡山市,2016

2016年11月9日

塩飽 仁:看護学領域の臨床・研究活動の醍醐味.福島県立安積黎明高等学校 「学問体験講座」,福島県立安積黎明高等学校(郡山),2016

2016年10月10日

塩飽 仁:がんの子供の未来を見据えたケアのあり方〜小児がんへの理解と支援のために〜.第23回東北大学医学祭 市民公開講座,仙台,2016

2016年9月26日

後藤清香:小児がん患児の標準復学支援要領の開発.2016年度公益財団法人がんの子どもを守る会治療研究助成,2016

2016年9月23日

入江 亘,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子:小児がんの子供の親における心的外傷後成長に関連する因子の構造.第29回日本サイコオンコロジー学会総会大会,札幌,2016

2016年9月19日

塩飽 仁:日本描画テスト・描画療法学会 理事

2016年9月11日

及川詩織,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子:大学生が過去に受けた喫煙防止教育と現在の喫煙に対する認識の関連.第19回北日本看護学会学術集会,宮城,2016

2016年9月11日

佐々木美咲,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子:親が病気になった場合の子供への病気説明に関する親自身の認識.第19回北日本看護学会学術集会,宮城,2016

2016年9月11日

菅原明子,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子,入江 亘:健康問題を持つ子供への心理的支援に対する看護師の思い.第19回北日本看護学会学術集会,宮城,2016

2016年9月11日

竹谷彩子,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子:福島県で遊びのボランティアを活用している子育て中の母親が抱える課題とボランティア活動に期待する内容に関する研究.第19回北日本看護学会学術集会,宮城,2016

2016年9月11日

大鐘 葵,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子:病気の子供とその家族のための滞在・宿泊施設を利用した家族の意識に関する研究.第19回北日本看護学会学術集会,宮城,2016

2016年9月10日

中川紗英,塩飽 仁,鈴木祐子,井上由紀子:大学生が子供時代に抱いた病院に対するイメージとその形成に関わる要因.第19回北日本看護学会学術集会,宮城,2016