本分野教員が分担執筆した「プライマリ・ケア看護学 小児期から成人期への移行支援 家族をケアユニットとした看護」が発刊されました

2023年4月4日

日本プライマリ・ケア連合学会,日本家族看護学会,思春期看護研究会が共同編集した,「プライマリ・ケア看護学 小児期から成人期への移行支援 家族をケアユニットとした看護」が2023年4月に南山堂から発刊されました。

移行支援を実践する! プライマリ・ケア看護師必携のテキスト

近年の医療の進展に伴い,小児期発症の慢性疾患患者の入院期間は短縮傾向にあり,多くの子どもたちが外来通院を継続しながら地域社会で生活するようになった.本書は,小児期発症の慢性疾患に関する理解を深め,小児期から成人期への移行支援を実践できる能力を身につける,「プライマリ・ケア看護師」向けテキストである.

プライマリ・ケア看護学
小児期から成人期への移行支援
家族をケアユニットとした看護

日本プライマリ・ケア連合学会 編集
日本家族看護学会 編集
思春期看護研究会 編集

定価 3,960円(本体 3,600円 +税10%)
B5判 228頁
2023年4月 発行
ISBN 978-4-525-50461-8

ご予約,ご購入は以下のサイトをご利用ください。
南山堂のページ
Amazonのページ

 ●Today's PV:13 ●Yesterday's PV:45 ●Latest 7 days' PV:558 ●Total PV:779162 [Since 2011.1.11]